Archives

具体的な症状

猫のアレルギーの症状とはどういったものでしょうか。具体的な症状を知ることで、猫がアレルギー症状を引き起こしていることが目で見てわかるものです。飼い主は猫がアレルギーになっていないかや、常に観察をして確認しなければなりません。まず猫のアレルギー症状としては引っ掻く行為が多くあります。アレルギーによって全身にかゆみが発生してしまうため、猫は引っ掻いてしまいます。あまり強く引っ掻くと皮膚がただれたり化膿してしまったりすることがあるので、皮膚の健康のためにもアレルギーを起こさないようなキャットフードを与えなければなりません。

かゆみが発生し、引っ掻く行為以外には頻繁に舐める行為もあります。猫はきれい好きのためよく体を舐めますが、過剰に舐めてしまうこともあります。このときにはアレルギーも疑ってみる必要があります。また嘔吐を起こすことがあります。猫は毛づくろいをしますが、その際に毛が体内に入ります。その毛を体外に排出するために嘔吐のような行為をすることがあります。しかし完全に嘔吐が起こるようなときにはアレルギーを疑ってみる必要があります。また同時に下痢の症状も起こるものです。このような症状が起こるような場合、多くは食品によるアレルギー症状が多いものです。これらの症状を起こさないように飼っている猫がアレルギーを起こさないようなタイプのキャットフードを慎重に選んであげなければなりません。

アレルギーの原因

アレルギーというと人間がなるものですが、実は猫もアレルギーを引き起こす場合もあるものです。猫がアレルギーになるイメージがないような飼い主の方はこの点に関して無頓着になりがちです。猫がいつまでも健康を維持していくことができるためにも、猫のアレルギーに深い関心を抱く必要があります。

猫が起こるアレルギーの多くは食品が原因で起こるものです。エサとして使用されている食材で、特定の成分に対してアレルギー反応を起こすことが猫アレルギーの原因です。猫が食品に対するアレルギーを起こす場合、一般には生後半年程度経過してからになりますが、場合によっては生後3ヶ月程度くらいから症状を引き起こす猫もいます。そのため、生後から猫はアレルギーを起こすものと認識しなければなりません。猫は避妊や去勢手術といったことを行うことがありますが、これらが原因となることもあります。こういった施術によってホルモンバランスを大きく崩してしまうため、アレルギーを引き起こすことがありますが、全体的に見ればやはり食品によるアレルギーが多いと言えます。

猫のアレルギーの原因として多いのは肉や魚、穀物となっています。特に穀物は要注意です猫は本来肉食のため、穀物を上手に消化吸収することが難しいものです。そのため穀物を与えると体にとって負担になりますし、アレルギー症状を起こしやすくなります。猫のえさとして穀物は避けなければなりません。そのために穀物を使用していないキャットフードを与える必要があります。また肉や魚の中でも消化吸収が悪いようなものを使用しているキャットフードを与えるとアレルギーを引き起こすことがあります。
原因物質となるものは、猫に欠かせないタンパク質や穀物などです!

猫とアレルギー

アレルギーになると体中がかゆくなるのでとても不快なものです。しかしこのアレルギー症状も人間だけではなく、ペットとして飼っている猫も同様に起こることがあるものです。猫のアレルギーはあまり聞かないために、飼い主の中にはアレルギーに関して関心を持たないことも結構あるものです。しかし猫にとってアレルギーは重い症状で、大きく健康を損ねてしまうことになります。猫がアレルギーを引き起こす原因となるものは多く考えられます。中には去勢などの手術によって起こる場合があります。これは手術によってホルモンバランスを崩してしまうのが大きな原因です。

しかしこの手術以上にアレルギーの原因となるのが食品によるものです。いろんな食品を猫は食べることができますが、その中でも特定の食品を食べることで猫はアレルギーを引き起こしてしまいます。

猫のアレルギーの症状としては色んなものがあります。人間と同様に猫もアレルギーによってかゆみが発生することが多くあります。かゆみがあるために噛んだり引っ掻いたりと、皮膚に傷をつけてしまうこともあります。皮膚に傷がつくと化膿したりと悪化してしまうことがあります。単なるアレルギーと軽く見ていると、思わぬ重い症状になることがあるものです。猫のアレルギーの原因となる食品を食べさせないことが大切になります。多くの猫はキャットフードを食べますが、キャットフードに配合されている特定の食品、また食品の品質を意識して商品の選択をしていくことが大切です。このサイトでは猫のアレルギーについて説明しています。飼い主の方は是非参考にしてみてください。