猫のアレルギーの症状とはどういったものでしょうか。具体的な症状を知ることで、猫がアレルギー症状を引き起こしていることが目で見てわかるものです。飼い主は猫がアレルギーになっていないかや、常に観察をして確認しなければなりません。まず猫のアレルギー症状としては引っ掻く行為が多くあります。アレルギーによって全身にかゆみが発生してしまうため、猫は引っ掻いてしまいます。あまり強く引っ掻くと皮膚がただれたり化膿してしまったりすることがあるので、皮膚の健康のためにもアレルギーを起こさないようなキャットフードを与えなければなりません。

かゆみが発生し、引っ掻く行為以外には頻繁に舐める行為もあります。猫はきれい好きのためよく体を舐めますが、過剰に舐めてしまうこともあります。このときにはアレルギーも疑ってみる必要があります。また嘔吐を起こすことがあります。猫は毛づくろいをしますが、その際に毛が体内に入ります。その毛を体外に排出するために嘔吐のような行為をすることがあります。しかし完全に嘔吐が起こるようなときにはアレルギーを疑ってみる必要があります。また同時に下痢の症状も起こるものです。このような症状が起こるような場合、多くは食品によるアレルギー症状が多いものです。これらの症状を起こさないように飼っている猫がアレルギーを起こさないようなタイプのキャットフードを慎重に選んであげなければなりません。